岡田電機工業様は自社の工場の運営管理のIT化を進めており、横須賀工場のスマート化を目指しています。今回は工場内の温度・湿度・CO2二酸化炭素を管理すべく、センサー・小型PC(Raspberry Pi)などのIoT部品を使って温度・湿度・CO2二酸化炭素データをリアルタイムでモニターするシステムをGICと共同開発を実施。今後本システムは他工場・介護施設・レストランなどに販売していく予定です。また、その他岡田電機工業様のスマート工場向けのシステム開発にもGICのミャンマーオフショア開発を採択されています。

GICの開発担当範囲
GIC日本のSEが上流工程とIoT部品連携の開発を行い、Web・DB系の開発(プログラミング)はオフショアのPG・SEが担当。

使用技術・ツール
Python、PHP、Grafana Analysis Tool、MariaDB Database、JavaScript、JSON、ShellScript、Linux、AWS、Raspberry Pi、センサー(Omoron、MH-Z19 等)

開発成果物一例
スマート工場の温度・湿度・CO2二酸化炭素データをリアルタイムでモニターするシステム

#